ヤマハ入門セット / サックスストラップ

中古管楽器(USED) 通販 販売 一覧ページ

管楽器の修理、リペア、調整

バリトンサックス修理(リペア)

投稿日:2007年06月06日 16:00 水曜日

バリトンサックス修理(リペア)画像

今日は、バリトンサックスのリペアをしました。

修理内容は、キーをバラして管体、キーを磨いて、左手のタンポを主に交換しました。

タンポは年月が経つと新品に比べて硬くなってきます。古くなったタンポは、きちんとトーンホールを塞いでいても気密性が悪くなるため、空気が漏れたりする場合があります。

まだタンポが破れてないから大丈夫と思わずに、ご自分のサックスのタンポを触ってみてください。タンポの皮がカサカサしていたり、硬いようでしたら、替え時かもしれません。

またクローズキー(通常閉じているキー)とオープンキー(通常開いているキー)では、タンポの寿命も違ってきます。

クローズキーのタンポの方が寿命は短いです。

なぜなら普段からスプリングバネによりトーンホールに押さえつけているので、タンポに常時、圧力が加わるからです。

高音のF#、F、E、D#、Dのキーのタンポが一番寿命が短く、最初に替えることが多いです。

タンポの寿命は、日頃のメンテナンスによってかわってきます。

練習後に必ずスワブを通して管体内部の水分を取り除き、タンポに付いた水分を吸水シートなどで取り除く方と、何もせず吹いたらそのまま片付ける方では、明らかに違います。

ですから日頃のメンテナンスや掃除をこまめにして、少しでもタンポの寿命を伸ばしましょう!

管楽器全般のお問い合わせ
管楽器全般の修理(リペア)に関するご質問、ご依頼は迅速に対応させていただきますので、困ったことがあればお気軽にご相談下さい。

■修理・調整済みの中古管楽器を販売しております。
→ (別窓) アルペジオ楽器運営の中古管楽器販売専門店(通販)

■新しい修理ブログはこちら
→ (別窓) アルペジオ楽器NEW修理ブログ

アルペジオ楽器 お問い合わせ 088-878-0177

管楽器(金管楽器/木管楽器)や修理(リペア)などのご相談は、アルペジオ楽器までお気軽にお問合わせください。


投稿日:2007年06月06日 16:00 水曜日 written by アルペジオ楽器
更新日:2015年06月03日 13:14 水曜日
カテゴリー:リペア・修理
記事の一覧:サイトマップ
現在のページ:バリトンサックス修理(リペア)

コメント&トラックバック

トラックバックは歓迎ですが、言及リンク(本記事または当サイトへのリンク)の無いものは原則削除対象としています。あらかじめご了承ください。

トラックバックURL:
右クリックでコピー用のトラックバックURL
http://arpeggioblog.com/51.html/trackback




コメントやお問い合わせ

中古管楽器(USED) 中古楽器販売 中古楽器通販
楽器買取,管楽器買い取りのページ
管楽器,修理,リペア,調整
管楽器修理ドクター Twitter
尾原 公完(オハラ キミサダ)
株式会社 アルペジオ楽器 お問い合わせのページ

■ → 管楽器の修理 リペア 調整のご案内

コンテンツ

高知県 ユーフォニアム テューバの会

楽器買取,管楽器買い取りのページ
管楽器,修理,リペア,調整
管楽器修理ドクター Twitter

サックス修理 管楽器修理サックス修理

フルート修理 管楽器修理フルート修理

クラリネット修理 管楽器修理クラリネット修理

トランペット修理 管楽器修理トランペット修理

中古楽器屋 中古楽器 中古楽器 販売

中古サックス

中古クラリネット

中古フルート

中古トランペット

中古ギター

中古ベース

アウトレット楽器

中古楽器