ヤマハ入門セット / サックスストラップ

中古管楽器(USED) 通販 販売 一覧ページ

管楽器の修理、リペア、調整

フルートのヘッドコルクについて

投稿日:2008年03月07日 12:28 金曜日

先日、フルートのリペア(調整)をしました。

頭部管の反射板の位置をチェックしようとヘッドスクリューを回していたらいつまでも回ってしまいます。
こんな症状の場合は、ヘッドコルクが経年変化で縮んできて気密性がなくなり音に影響しますので、ヘッドコルクの交換が必要になります。

新品と交換したヘッドコルクの比較画像です。
古いヘッドコルクは経年変化で縮んでいるのがお分かりですよね?

flulte_headcork_04.jpgflulte_headcork_03.jpg
画像をクリックすると拡大画面でご覧いただけます。

フルート頭部管のヘッドコルクのチェック項目

1,ヘッドスクリューを右に回していつまでも回ってしまうならば要交換です。

2,頭部管を振ってみてください。かちゃかちゃとノイズがするようであれば要交換です。

以上、簡単に分かる方法を書いてみました。

■アルペジオ楽器では修理・調整済みの中古管楽器を販売しております。
→ (別窓) アルペジオ楽器運営の中古管楽器販売専門店(通販)

■アルペジオ楽器の新しい修理ブログはこちら
→ (別窓) アルペジオ楽器NEW修理ブログ

管楽器(金管楽器/木管楽器)や修理(リペア)などのご相談は、アルペジオ楽器までお気軽にお問合わせください。


投稿日:2008年03月07日 12:28 金曜日 written by アルペジオ楽器
更新日:2015年06月03日 13:32 水曜日
カテゴリー:リペア・修理
記事の一覧:サイトマップ
現在のページ:フルートのヘッドコルクについて

コメント&トラックバック

トラックバックは歓迎ですが、言及リンク(本記事または当サイトへのリンク)の無いものは原則削除対象としています。あらかじめご了承ください。

トラックバックURL:
右クリックでコピー用のトラックバックURL
http://arpeggioblog.com/297.html/trackback




コメントやお問い合わせ

中古管楽器(USED) 中古楽器販売 中古楽器通販
楽器買取,管楽器買い取りのページ
管楽器,修理,リペア,調整
管楽器修理ドクター Twitter
尾原 公完(オハラ キミサダ)
株式会社 アルペジオ楽器 お問い合わせのページ

■ → 管楽器の修理 リペア 調整のご案内

コンテンツ

高知県 ユーフォニアム テューバの会

楽器買取,管楽器買い取りのページ
管楽器,修理,リペア,調整
管楽器修理ドクター Twitter

サックス修理 管楽器修理サックス修理

フルート修理 管楽器修理フルート修理

クラリネット修理 管楽器修理クラリネット修理

トランペット修理 管楽器修理トランペット修理

中古楽器屋 中古楽器 中古楽器 販売

中古サックス

中古クラリネット

中古フルート

中古トランペット

中古ギター

中古ベース

アウトレット楽器

中古楽器